便秘解消☆すっきりさわやか便秘解消法

便秘による痔と対策

便秘により痔になるケースは多いです。

痔の予防・対策として

☆肛門および肛門周辺のケア

固い便を無理に出すことによって、肛門の粘膜を刺激して傷がついた場合、
十分なケアが必要です。

肛門に負担をかけないように、トイレに座って長く力むのもよくありません。

肛門をお風呂で温めることは効果的です。血行をよくすることは肛門のしなやかさを維持し、切れにくくします。
しかし、お風呂に入る際には、入浴剤は入れないようにしましょう。
入浴剤の成分が痔で傷ついた肛門に刺激的なことがあるのです。

清潔にしておくことは大事ですが、
石鹸で洗うことは刺激が強い場合があります。

肛門に負担をかけないようにトイレに座って長く力むのもよくありません。

紙でごしごし拭くことはやめ、
ウォシュレットなどの洗浄器を使用することをお勧めします。


☆運動不足をなくし、腹筋力を維持しましょう。

適度な運動は腸の活動を活発にして便秘を解消します。
また、腹筋力はスムースな排便を可能にし、肛門の負担を軽減します。

机での事務作業など長時間同じ姿勢を続けることも避けましょう。
痔が悪化させないためには肛門周辺の血行を良くすることが大事なのです。


☆食生活の改善

規則正しい食生活は規則正しい排便習慣につながります。
食事をする時間を一定にし、食後は排便するゆとりが持てるようにしてください。
そして、食物繊維を豊富に含む食べ物を食べ、水分を多めに摂取しましょう。


☆ストレス解消

ストレスは自律神経の働きが乱れ、結果的に便秘や痔を引き起こします。
また、旅行先で便秘になった経験がある方も多いように、
排便環境などの変化など心理的な要因も、影響します。

ストレスを溜め込まないように日常から気をつけてください。


さて、痔が原因で出血することはあるのですが、

痔以外でも重大な病気で出血する場合があります。

腸の疾患など、ほっておくと重篤になる場合もあるので、
出血した場合は「痔」と素人判断せずに、病院を受診してください。




Powered by Seesaa