便秘解消☆すっきりさわやか便秘解消法 > 便秘解消 > 機能性便秘とは

便秘解消☆すっきりさわやか便秘解消法

機能性便秘とは

便秘は、器質性便秘と機能性便秘の2種類があります。

機能性便秘は、急性便秘と慢性便秘にわけられます。

急性便秘とは、
食生活の変化や精神的要因等の原因によって起こる一時的な便秘のことです。
例えば、旅行に行ったときとか、ダイエットを始めて急激に食事量が減ったときとか、または、女性の場合は妊娠したり、月経の前に発症する便秘です。

この場合は原因が解消されることで自然に元に戻ります。

慢性便秘とは、
比較的長期にわたって続く大腸の機能異常に基づく便秘のことです。

慢性便秘は、弛緩性便秘・直腸性(習慣性)便秘・痙攣性便秘の3つに分けられます。

1. 弛緩性便秘

 主に腹筋力の低下により、全体的に便を送り出す力が弱まり、腸の動きが悪くなることが原因で起こる便秘です。高齢者や妊娠経験者に多いです。腹痛などの強い症状が出ることは少ないですが、便秘が長く続くと腹部膨満感、食欲不振などの症状を起こします。

2. 直腸性(習慣性)便秘

 便が直腸内に送られても正常な排便反射が起こらず、直腸内に便が停滞する便秘です。排便反射はガマンしていると数分で止まってしまうという性質がありますので、時間がないなどの理由で、便意があるのに排便をガマンすることを繰り返すうちに、直腸が鈍感になってしまい、便が肛門の近くまで来ているのに、なかなか出せないといった状態になります。
長い間、腸内に溜まっている便は、水分がかなり吸収されていますので、コロコロ状でとても硬い便になってしまい、出すのにとても苦労します。

3. 痙攣性便秘

 弛緩性便秘とは逆に、大腸のぜん動運動が強すぎるために起こる便秘で、日頃のストレスや睡眠不足等により、副交感神経の過緊張などが起こり、腸が過敏に反応し、痙攣した状態になって便の通りが悪くなることで起こります。便意は強いのですが、なかなか出すことができず、出たとしてもごく少量のコロコロとした硬い便であったり、残便感があったりします。
ストレスの他にも、下剤の乱用によって発症したり、過敏性腸症候群の便秘型としてあらわれたりすることがあります。この便秘では、腹痛を訴えることが多く、特に食後に痛むことがよくあります。

<<器質性便秘 | 便秘解消☆すっきりさわやか便秘解消法トップへ | 便秘解消にヨーグルト>>



Powered by Seesaa