便秘解消☆すっきりさわやか便秘解消法 > 便秘 症状 > 器質性便秘

便秘解消☆すっきりさわやか便秘解消法

器質性便秘

[便秘] ブログ村キーワード

器質性便秘って、聞きなれない難しい言葉ですが、
実は便秘は大きく分けると、
腸そのものに通過障害がある器質性便秘と、
排便に関わる機能や自律神経に原因がある機能性便秘の2種類があるのです。

器質性便秘とは、
便の経路である消化管に、物理的な障害があることが原因で起こる便秘です。
つまり、例えば、排水管が何らかの原因で詰まったり、
うまく流れない状態と考えるとわかりやすいですね。

器質性便秘は先天性のものと後天性のものに分けられます。
生まれつきの腸管自体の異常を始め、腸管壁のポリープなどで腸管が通りにくくなることによって生じる便秘です。

1. 先天性の器質性便秘の原因

☆巨大結腸症
 先天的に排泄に必要な腸の運動が起こりにくいために、腸内に便やガスが滞留してしまい、その結果、腸管が拡張して、結腸が巨大化してしまう疾患です。

☆結腸過長症
 先天的に結腸が過度に長いもので、S状結腸が長い場合が多いです。

2. 後天性の器質性便秘の原因

☆大腸がん、直腸がん
 腫瘍により便が通りにくくなります。

☆大腸ポリープ
 ポリープにより便が通りにくくなります。

☆腸管癒着、腸閉塞
 癒着した腸のために腸管運動がうまくいかないのです。

☆ 開腹手術後
手術により、腸管が癒着するためです。

☆子宮筋腫、卵巣のう腫など
 腸を外から圧迫するためです。

<<なぜ女性は便秘になりやすいのか? | 便秘解消☆すっきりさわやか便秘解消法トップへ | 機能性便秘とは>>



Powered by Seesaa