便秘解消☆すっきりさわやか便秘解消法 > 便秘 症状 > 便秘と下痢は過敏性腸症候群

便秘解消☆すっきりさわやか便秘解消法

便秘と下痢は過敏性腸症候群

便秘解消・・・と思ったら今度は下痢・・・・

治ったと思ったら、今度はまた便秘・・・

こんな症状はつらいですね。

便秘と下痢を交互に繰り返すときは、「過敏性腸症候群」が考えられます。

過敏性腸症候群というのは、小腸や大腸が過敏になり、便通異常を起こす病気です。

下痢型、便秘型、交替型などに分けられます。
ストレスが引き金となっていることが多くみられます。

ストレスが重なると、自律神経の乱れが起きます。
それによりこういった症状が引き起こされるのです。

近年、この症状を引き起こす方が増えているのは、やはり現代社会のストレスの多さから来るものでしょう。

ただ、ストレスというのは全てなくなるというのは不可能です。
ストレスに強い身体を作ることが大切です。

まず、自律神経の乱れをなくすために、決まった生活リズムを心がけることです。
同じ時間に起き、食事の時間を毎日一定にし、できれば早寝早起きを心がける。
睡眠も十分に取りましょう。

それから、刺激となるカフェインはできるだけ控えましょう。
コーヒーや紅茶、チョコレートなどは控えます。

たばこはもちろんですが、アルコール類も避けた方がいいでしょう。

牛乳やチーズはお腹をゆるくすると言われています。

便秘の薬、下痢の薬・・・と、その都度、素人判断で市販の薬を飲むのも禁物です。

過敏性腸症候群は、完治するまでに時間がかかるので、きちんと医者に診てもらって薬を処方してもらうのがよいでしょう。

<<便秘解消に腸内洗浄が効く | 便秘解消☆すっきりさわやか便秘解消法トップへ | 便秘解消エクササイズで下腹を引き締める>>



Powered by Seesaa