便秘解消☆すっきりさわやか便秘解消法 > 赤ちゃんの便秘 > 赤ちゃんが便秘にならないように

便秘解消☆すっきりさわやか便秘解消法

赤ちゃんが便秘にならないように


赤ちゃんが便秘になった場合は、
早く気がついてあげなければいけません。

赤ちゃんは言葉を発することができないので
さまざまなサインであなたに便秘を伝えます。

赤ちゃんの便秘のサイン

母乳をあげた場合と、ミルクをあげた場合では、
母乳をあげた場合の方が排便回数は多くなります。

排便回数は赤ちゃんによって異なるので、何日間出ていないから、と慌てることはせず、理由なく不機嫌だったりウンチをする時嫌がったりするようなそぶりがみられないか注意しましょう。

おう吐や、食欲不振が見られた場合、迷わずお医者さんに連れていきましょう。

赤ちゃんの便秘を解消する手段は、
自律神経の働きを整えてあげることです。

自律神経は、規則正しい生活をすることで整います。

生後3か月か4か月ぐらいになったら、
決まった時間に起床させ、授乳やミルクの時間を一定に保ちましょう。
散歩も決まった時間に、行ないましょう。
散歩は、抱っこでもベビーカーでも、
ゆられることで腸の運動も促進します。

離乳食が始まったら、栄養バランスを考えて与えましょう。

就寝時間も一定にしてください。

親の都合で、夜の外出に連れ出したりするのは避けましょう。

<<便秘はツボ押しで解消しましょう | 便秘解消☆すっきりさわやか便秘解消法トップへ | 便秘に効く足裏マッサージと踵歩き>>



Powered by Seesaa